今週の結果

  • エジステンツァ 5/6(木) 船橋11R 端午特別(B1B2)(ダート1700m) 本田正重騎手 7着

483kgで-3kg。頓挫明けだと見てるせいかもしれないけど、輪郭がボヤッとした印象でした。
まずまずのスタートから、少ししかけて先行グループの後方内側。
そのまま内を追走し、勝負所で徐々に差を詰めて行こうとする。
ところが、コーナーで前の馬が動いてくれず仕掛け遅れ。
直線も外へ出せず、内からジワジワ伸びたが0.5秒差の7着に終わった。
元々揉まれ弱いたちで、馬込みの中では動いていけないタイプです。
中央時の勝ち鞍も、先行か外を回った差しで、揉まれないレース内容の時でした。
内にこだわる騎乗で持ち味が生かせていないですね。
また、そのため、中央の時は平地のレースではブリンカー等の馬具も着けていました。
転厩後は着けていないようですが、根拠があってそうしているんですかね?
転厩後、アクシデントが多く不満に思っているのもあって、疑いの目を向けてしまいます。
とりあえず、ようやく揉まれ弱いのには気づいたようなので、次は広い大井で使うようです。

496kgで+2kg。仕上がり良く適度な気合い乗りで目立っていました。
スタートで出遅れ、すぐに前を締められて仕掛けてもいけず後方から。
道中は後ろから3番めあたりを追走し、そのまま位置を上げられず。
直線では外へ出して、良い脚で追い込んできたが0.5秒差の4着まで。
今回は出遅れと展開が全てですね。
前残り傾向の馬場で実際前が残る展開だったところ、4角でもう絶望的な位置どりでした。
ダービーへの権利がかかるレースでのあの出遅れは悔しいです。
ただ、スタート次第でここで勝ち負けできたというレベルでは、ダービーじゃ参加賞どまりでしょう。
これで大舞台への望みは絶たれたので、今後は自己条件から着実に出直しですね。

今週の出走予定

エジステンツァは1か月半ぶりの出走。
叩き2走目だった前走は変わり身を見せて2着でした。
ただ、その後、脚部不安が出て一頓挫明けになります。
復帰予定を早めての出走になって、ちゃんと仕上がっているのか不安が大きいですね。

ヴァイスメテオールは2勝目をあげた前走から、天栄での調整を挟んで中7週になります。
前走は驚くほど鮮やかな勝ちっぷりでしたが、嵐の中の一戦で特殊な条件だったのも否めません。
良馬場でも走れる馬ですが、前走で馬場状態がどれぐらい後押ししてくれたのかは未知数です。
リステッドとはいえ1勝馬が多い組み合わせだし、中山より東京の方により適性も感じます。
展開一つでダービーの切符をつかむチャンスはあると思うのですがどうでしょうか。

先週の結果 (シュルレアリストが初勝利!)

434kgで-2kg。張りがあって数字以上に大きく見せて、好調なように思いました。
好発から仕掛けて行ってハナを主張。
そのまま終始1馬身強の差をつけながら逃げて直線へ。
直線では一時は詰め寄られかけたが、再度突き放して1馬身3/4差で逃げ切った。
まずは初勝利をあげられて一安心というところですね。
不良馬場で前残りが予想されたから、好発を切って逃げられたのが一番の勝因でしょう。
また、チークピーシーズの効果もあったのか、最後まで気を抜かずに走ってくれました。
最後は脚が上がっているように思ったのですが、鞍上によるとまだ余裕はあったとのこと。

468kgで+6kg。体重増も太め感は全くなく、かなり良い出来に見えました。
まずまずのスタートから当初は先行グループの後ろの位置。
道中は少し控えて中団の前めになり、4角手前から外を追い上げる。
直線へ向いて差し切れるぐらいの手応えに見えたが、実際はジリジリとした伸びに。
それでもゴール前では横一線の争いに加わってきたものの、タイム差なしの4着まで。
外を回ってあの差だから、何回かやれば勝てそうな惜しい内容でした。
ただ、手応えからすると物足りない印象も残るんですよね。
折り合い面からこの距離を使っているけど、本質はもう少し長い距離向きな気がします。

492kgで+2kg。体つきは良さそうだけど、今回も少しテンション高め。
スタートを決めてハナへ行きそうな勢いだったけど、さすがに今回は控えて2番手から。
道中は引っ張り気味で離れた2番手追走。勝負所から差を詰めて行く。
直線入口で並び掛ける寸前まで行ったが、直線では逆に突き放されてしまう。
2馬身離されてしまったが、後続の追い上げは退けて現級で4度めの2着。
勝った馬に良いペースで単騎逃げを許して、あまり惜しさはない2着でした。
常に3着以内の競馬はできているのだけど、何か1頭に強い競馬をされてしまいます。
この後は一息入れるようですが、その後は北海道開催で滞在競馬とかどうですかね。

510kgで+2kg。G1からの中2週で関東への輸送もあったけど体はキープ。
ゲートはほぼ五分に出て、無理なく三列めの外の位置。
道中は時々外側に首を向けて、外にもたれ気味なように見えました。
4角からじわっと追い上げて行って2列めの外へ。
直線では余裕の手応えで追い出しを待っていたが、いざ追い出されるとジリジリとしか伸びず。
差してきた馬達にあっさり差されて0.6秒差の6着に終わった。
レース後のコメントから、ハミ受けは許容範囲内だったとのこと。
そうなると、左回りが合わないのか、距離が長過ぎたのかというところですかね。
この後は休養となるようですが、その後は短距離かマイル路線でしょうか。

今週の出走予定

シュルレアリストは中2週で出走。
前走は初ダートで3着で、今回もダート戦に使ってきました。
ダートの方が良さそうな印象をもったし、平坦コースに替わるのも良いように思います。
集中力にムラがあるということでチークピーシーズを着用するようで、その効果にも期待です。

ヴェールクレールはエルフィンS6着以来で3か月ぶり。
前走はマイルが合わなかったという感じでもなかったのですが、今回は走り慣れた1400mに。
そこそこ相手は揃っているけど、スタートを決めてくれればチャンスはあると思います。

エレヴァテッツァは中2週での臨戦。
現級で2着3着を繰り返しており力上位なのは間違いないです。
ここ数戦ずっと押し出されて逃げる形ばかりなので、今回は距離を短縮してきました。
牝馬限定戦とはいえ侮れない相手関係ですが、そろそろ勝ち切って欲しいところです。

エリザベスタワーは桜花賞から中2週でオークストライアルに。
ここを使う意図は正直よくわかりません。
初めての距離、長距離輸送ということで適性を見たいのかもしれませんが。
権利を取れてもローテーションから言ってオークスを使う気はないのでしょうか。
さすがにこの相手では実績上位ですが、気性的にアテにしづらい面もあり半信半疑です。

未勝利馬ながら、出走希望頭数が少なくS1の舞台に紛れ込むことができました。
458kgでー1kg。出来は悪くは見えませんでした。
大外枠から出遅れて最後方からの競馬に。恐らく元から追い込みに賭ける気だったと思います。
道中は後方のインを追走し、4角で外へ出しながらじわっと差をつめる。
直線で大外からじわじわと伸びるも、バテた馬を交わして2.5秒差の6着まで。
最低人気を考えれば良く走っている方だと思います。
もっと先行勢が崩れてくれる展開になれば良かったのですが。
この後は一息入れられるとのことです。とりあえず1つ勝って欲しいですね。

先週の結果 (ヴァリアメンテが自己条件で2勝目をあげる)

今週の土日は久々に出走なし。まだ書けていなかった先週分の結果を。

  • シンシアリダーリン 4/17(土) 阪神4R 3歳未勝利(牝)(芝2000m) ▲角田大和騎手 3着

前回に続いて降雨で重馬場に。432kgでー2kg。出来はキープできていたと思います。
少し伸びあがったスタートで頭一つ遅れたが、元から行く気はなく中団馬群の内に待機。
道中は馬群の中で動けず、勝負所から徐々に差を詰めていく。
直線では馬群の間をついて伸び、ゴール前では猛追を見せたが、先行抜け出しの2頭にハナ+クビ差3着。
2度続けて中距離で差す競馬で好走してくれました。特に今回は惜しかったですね。
少なくとも時計のかかる馬場なら再現性があると考えて良さそうですね。
阪神も新潟も馬場は荒れてきてるし、展開次第で勝ちが見えてきそうです。

  • カトルショセット 4/17(土) 新潟10R 雪うさぎ賞(1勝C)(芝1200m) 菅原明良騎手 10着

新潟も重馬場。456kgで+2kg。もう少し絞っても良さそうに見えました。
まずまずのスタートを切って、無理なく先行して2列目のインの位置。
道中は悪くない感じだったが、勝負所でのめる面を見せる。
直線でもじわじわとは来ていたが、残り1ハロンから後続に飲み込まれて1.1秒差の10着。
敗因には重馬場があがっていたし、実際それはあると思います。
ただ、1200mの距離が短い印象もあるんですよね。
短足なので短距離に使いたくなるのは分かるけど、マイルか1800mで先行する競馬が見てみたいです。

  • カーディナル 4/18(日) 中山4R 3歳未勝利(芝2200m) 川田将雅騎手 2着

492kgで+12kg。休み明けで余裕残しのように見えました。
五分のスタートからじわっと出ていくが、他馬の後ろに控えて3列目の4番手あたり。
逃げた馬が引き離しにかかるも、馬の後ろにいたので追いかけることはできず。
4角では3番手に上がって追い上げを開始するが、逃げた馬ははるか前方にいてもう届きそうもない。
直線でじわじわと伸びて2番手争いは制したけど、逃げた勝ち馬には3馬身半水をあけられた。
勝った馬が逃げの手と馬場状態にはまって強かった感じもあるけど、やっとこさの2着でした。
仕上げもレース内容も消極的に映りました。
あの仕上げだから当然続戦だろうと思ったら、放牧になりそうなコメントでがっかりです。

  • ヴァリアメンテ 4/18(日) 阪神6R 3歳1勝C(芝2000m) 藤岡佑介騎手 優勝

458kgでー2kg。状態は変わり無いように思いました。
大外枠から今までになくスタートも出て、出たなりで3列目の外(4番手)の位置。
道中は馬の後ろで折り合いもついて、前回のように頭を上げるような場面はなし。
残り3ハロン手前から後続が外から上がっていくと、無理のない程度に一緒に上がっていく。
この時点ではまだ追うのは我慢して、直線入り口から追い出し開始。
直線では外から着実に伸びてきて、残り1ハロン過ぎに抜け出してそのまま1馬身1/4差で優勝。
自己条件に戻って1発で2勝目をあげました。
競馬の内容も前回よりスタート、折り合いの面で進歩がうかがえたのは収穫ですね。
また追い出しを我慢すれば2000mをこなせるのが分かったのも大きいです。
まだ先々に良くなるタイプと思っているので、ここで無理せず放牧に出たのは正解だと思います。

大雨が降り続いて不良馬場に。
496kgで+4kg。ちょっとテンションが高そうに見えました。
スタートは決めて先行グループにはいたが、控えて他馬の後ろに入るとリズムの悪い走りに。
徐々に位置を落とし、3角でもう手応えに余裕がなく、4角では完全に脱落し6.4秒差の最下位。
タイムオーバーで1か月出走停止になりました。
距離も長いし、ここまでの馬場状態も合わず。
逃げない競馬ではこの馬のリズムで走れなかったですね。
どうせ当面は出走できないので、次は北海道シリーズでの滞在競馬にして欲しいです。

今週の出走予定

忙しいので出走リストだけ。

  • シンシアリダーリン 4/17(土) 阪神4R 3歳未勝利(牝)(芝2000m) ▲角田大和騎手
  • カトルショセット 4/17(土) 新潟10R 雪うさぎ賞(1勝C)(芝1200m) 菅原明良騎手
  • カーディナル 4/18(日) 中山4R 3歳未勝利(芝2200m) 川田将雅騎手
  • ヴァリアメンテ 4/18(日) 阪神6R 3歳1勝C(芝2000m) 藤岡佑介騎手
  • バルバレスコ 4/18(日) 新潟10R 奥の細道特別(2勝C)(芝2600m) 横山和生騎手

先週の結果

490kgで+2kg。前回に続いてテンションが高かったのが気がかりでした。
ポンとスタートを決めると、案外と他が行ってくれず自然とハナへ押し出される。
入りはそれほどでもなかったけれど、中盤からぴったりと追走されてペースが緩まず。
先頭をキープして直線へ向き、直線でも懸命に粘ったが、残り100m付近でつかまって0.2秒差の3着。
道中のペースが緩まず展開が向かなかった感じです。
2番手から突いてきた馬は沈んでしまったことを思えば、この流れの中でよく頑張った方だと思います。
それにしても、こうも毎回ハナへ押し出されて最後ちょっと差されるのが続くともどかしいですね。
陣営からも、次走は距離を縮めることで番手からすすめたいというコメントがありました。

436kgで増減なし。初の関東遠征でも馬体減もなく、出来はまずまず良さそうでした。
大外枠から五分にスタートをきって、軽く出して行って先行集団の後ろの5,6番手あたり。
1角で集団の一番後ろに入って7番手になったが、向こう正面で勢いよくあがっていって2列目の外へ。
勝負所では先頭に並びかけて行って、直線入り口では4頭の追い比べに。
しかし、直線ではジリジリとしか伸びず、外の2頭に抜け出されて引き離される。
内の馬は競り落として0.7秒差の3着は確保しました。
何だか強引な競馬になってしまったけど、ダートに対応して今まででは一番の内容でした。
道中から集中力が途切れ途切れな印象で、鞍上からも馬具装着の進言がありました。
ともあれ、きっかけは掴めたように思うので、優先権も確保したし次走は楽しみですね。
平坦の方が良いような気もするので、新潟のダート1800mあたりでどうでしょうか。

508kgで+2kg。馬体は他の有力馬にも見劣らないけど、他と比べるとやや散漫な感じの周回でした。
スタートは五分に出られて、枠なりに中団の外めの位置。
スタートからしばらくは馬群の中でごちゃごちゃと揉まれる。
道中、横をメイケイエールが爆走していったり出入りはあったが、自身の位置は変わらず。
3角過ぎから外へ出されて差を詰めに行くが、直線では伸びが見られず1.5秒差の13着に沈んだ。
やはりトップクラスのレースではまだ荷が重かったでしょうか。
時計が速すぎて、この馬の走破時計でも従来の桜花賞レコードより速いぐらいでした。
血統的にもそういった馬場は合わない印象はありますね。
また、鞍上によると、外に馬がいない状態では外へ張っていてロスが多かったとのこと。
現状、左側を馬かラチに頼らせないと、左側に張って走ってしまうようですね。
今後どの路線に進むのかまだ分かりませんが、徐々にでも克服してくれることを願います。